日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会(応動昆)大会合同大会 | 2016年3月26日から29日まで | 大阪府立大学中百舌鳥キャンパスなど(大阪府堺市)

プレナリーレクチャー

本大会では新たな試みとして、3月27日(日)の9:00~9:45と3月28日(月)の9:00~9:45に、昆虫に関わる最先端の研究成果を聞くプレナリーレクチャーを企画しています。「昆虫の高次系統」と「社会性昆虫」に焦点を当て、以下の2名にお話いただきます。多くの方のご参加をお願いいたします。

We are pleased to announce our plenary lectures at the joint annual meeting of the Entomological Society of Japan and the Japanese Society of Applied Entomology and Zoology. These plenary lectures are new events for both societies, and we have invited two leading experts in entomology to speak. Their topics are “higher phylogeny of the insects” and “social insects”. Please join us for these two very special presentations.

3月27日(日) 9:00~9:45
Karl Kjer (UC Davis Department of Entomology and Nematology)
“Insect phylogeny and next directions from the 1KITE initiative”
3月28日(日) 9:00~9:45
松浦 健二 (京都大学大学院農学研究科)
「せめぎ合うシロアリ: 繁殖システムの進化から読み解く社会性昆虫のジレンマ」